ゆとり?  ( Relaxed education --- free from pressure ) 

2002.5.6.

  最近、学習指導要領が改訂になった。最近の文部(科学)省の流れである、ゆとり教育の目的の一つでもある週休 二日制が正式にスタートした。休みが増えた分、全て他の曜日に振り分けるわけにはいかず、全体の授業時間が減った。
  現場の先生たちは昨年あたりから、各学校ごとにいろいろと対策を練っていたところも多く、手探り状態ではあるがどこも授業の減少分や土曜の使い方などを工夫して指導しているようだ。現場の先生方には 頑張っていただきたい。だが、今が移行期と考えると、今の子供たちはある意味実験台となっているために、十分な体制での指導が望めず、犠牲者となってしまうのが かわいそうだ。そういったようなケアが足りず、ただただ上から抑えつけるような感じのやり方が、いかにも官僚的で私は気に入らない。
  今回から学習指導要領自体の位置付けが変わり、今までは指導する範囲を指し示していたが、今は最低限ここまでは指導しなさい、あとは裁量に任せますという感じにことになったらしい。確かに規制緩和のようで 指導する側の自由度が増えたように思える。しかし、そうすると入学試験はどうなるのだろうか。今までは基本的に学習指導要領から 逸脱しないことが一つの目安であった。でも、指導要領が最低限を示すことになるとすると上は青天井になってしまうのでは?(これについてはちょっと調べてみます)

  しかし、何かがおかしい。「ゆとり教育」とは何であろうか。今までのような画一的な教育ではなく 各個人の個性を尊重して、いい面を伸ばしていき、今までよりも教育内容にゆとりをもたせて、ついていけない子供をなるべく少なくする のが「ゆとり教育」の目的であると文部科学省の方はおっしゃる。しかし、果たしてそれでいいのだろうか?
皆さんはどう思われますか?

  うーん、内容にまとまりがつきそうもないし、長くなりそうなので 今日はここら辺で。



一年を経て  (One year has passed) 

2002.2.19.

  昨年の2月から合気道を稽古する環境が変わりました。6年ほど通い慣れた道場で月二回ではありますが指導することになったのです。 今までは教わる立場でありましたが,立場が逆転したわけです。そうなると,視点も変わるし,変えないと教えられません。相手がそのときに何を思っているのか,何をしようとしているのか。それを肌で感じ取り,指導に反映する必要があります。

  指導する立場になり,一年が経ったわけでありますが,なかなか自分の思った通りに教えるというのは難しいものです。それでも心がけていることが二つあります。
  一つは、稽古に来ていただいた方々に何か得て帰っていただきたいということ。決して少ないとは言えないお金を払っていただいて,家庭や仕事でいろいろとお忙しい中,道場に足を運んで下さっているわけですから来てよかったと思っていただけることを提供していきたいですね。
  もう一つは稽古全体に一貫したテーマを持たせるということです。私の道場では、前半は心の稽古,後半は身体の稽古を行います。合氣道の稽古を通じてその心と身体が一体であることを学びます。そのためには、一貫したテーマがあると一体であることがよりわかりやすい のではないかと考えてます。

  とは言うものの・・・。
言うは易し,行うは難しということを痛感しながら,日々稽古と指導に励む毎日です。



”教わる”と”教える” (To learn and To teach)

2001.12.17.

教わるということ。
現在、四則演算ができない大学生が増えているらしい。旧来の詰め込み教育から、変な方向にゆとりを作ろうとして、逆効果になっています。役人さんたちは何を考えているのでしょうね。

では、どうすればいいのでしょうか。
私はもっと能動的な教育を増やしていけばいいと思います。教わる楽しさ、学ぶ楽しさを知らなければ、なかなか見につくものも身につきません。その対象は何でも良いと思いますし、今までのカリキュラムの中でも選択肢を増やして、個人が興味を持つことに対して、学ぶ楽しさを教えてあげれば良いのではないでしょうか。

合氣道でも、昔はよく見取り稽古をやったと聞きます。つまりは、稽古の中で先生(先輩)の技を見て、盗み、自分のモノにするということ。そうすると、足はどう動いているか、手はどう動かしているかということを自分から積極的に観察しますから。最近は、細かいことを丁寧に教えていただける反面、そういう姿勢が少なくなっていることは否めないでしょう。

つまりは、教わるということは教えてもらっていることに自発的に興味を持って接するようにすることが大切であり、そうしないと見につかないことが往々にしてあるなと感じています。

では、教えるということはどういうことでしょうか。
まず、ある知識を与えられたとします。その知識を自分の中で理解することが最初の一歩です。そしてそれをある人に教えるとします。そうすると、まずは自分が知っていることを正確に伝えることが必要です。そして、今度はそれをその人に正確に実行してもらえるかどうかが大事です。そして、それを今度は、また別の人に伝えるだけの知識をその人が得ていなければ、最初の人が、本当に”教える”ということをしたとは言えないと思ってます。そして、そこまでできれば、その知識を本当に”理解”していたと言えるのではないでしょうか。

稽古中に先生に、”わかったか”と聞かれて、その流れでよく”はい”と答えてしまいますが確かに、実際に上のような定義をしてしまうと、実際にわかったことなんて、いくつあるのか。まあ、人生長いですから、氣長に修行していくつもりですが。



夢。 (My Dream)

2001.11.29.

先日、千葉の知り合いの道場に行って来ました。先生のお伴で行ったわけですが、お邪魔するための理由がもう一つあり、それは個人で開いている道場にお邪魔することでした。

今、私にはいろいろと夢があります。
まずは仕事の夢。海外で大きなプロジェクトに参加することや、海外でMBAを取得すること。うーん、仕事に関しては海外志向が強いですね。もっと、英語を勉強せねば。あとは、将来何か人に教える仕事に 就ければいいなと思ってます。

つぎに、趣味に関する夢。
自宅のガレージで週末に愛車を整備すること。それから、自分の合気道の道場を持ち、お弟子さんを育てること。

そういう観点で先の道場を見てみると、知り合いは夫婦で合氣道を続けていて、氣圧療法も学んでいます。また、インストラクターになろうとまでしたスキーの腕の持ち主で、(奥さんの了解が得られる範囲で)趣味を多いに楽しんでいて、道場もまさに私の描いているような環境でした。そして、奥さんはじめ、彼の回りに集まってきている人たちの暖かさを痛感しました。
そこで思ったことは、やはり何をするにも人だなと。たとえ、私財を投げ打って道場を開設しても会員さんが増えなければ、道場の運営は成り立たないし、やっていて張り合いもないですからね。そして、会員さんが増えるためには、習いたいと思えるような人間でないと、人は付いていきません。それは今の道場でも、痛感しているところです。

当然、これは仕事にも言えることで、今後、上に立って人を管理する立場になろうとすると人望が無ければ、人は付いてきませんからね。そういう意味では、合気道を通じていろいろなことが学ぶことができるので、大変為になってますし、できる限り続けていきたいですね。
まだまだ、いろいろと人間を磨かなければと思った次第でした。



異国の地での異例の稽古のいきさつ (My lessons in dojos in NY.)

2001.10.17.

私は学生時代から合氣道をやってまして、学生時代の合氣道仲間が、現在一人NYに居ます。前から遊びに行く約束をしていて、遊びに行くのなら道着持参でと言う約束で、向こうの道場で稽古することになったのです。そして、行く直前になってネットで調べていたら、前に日本に滞在していて同じ道場に通っていたアメリカ人がNYにある別の道場で教えているということを偶然発見。コンタクトを取り、そちらにも遊びに行くことに・・・。


さて、稽古時間を調べて友人と二人でそのアメリカ人が指導している道場に行きました。惨劇の現場であるグラウンドゼロにほど近いところで、ビルの一室を借りて、マットを敷いて道場にしてました。家賃がべらぼうに高いNYで道場を続けるとなると、大変です。

さっそく彼に会うと「私のお願いを聞いてください」と。何かと聞いてみると、彼は前の週に腰を怪我をしてしまい、身体を動かせる状況ではないので、私に指導をしてくれないかと言うのです!

まさかNYで人前に立って指導をすることになるとは予想もしませんでした。

幸い、友人の受けおよび流暢な英語による彼の補足により、何とかつたない英語ではありましたが1時間半ほどの稽古を無事こなしました。奇遇なのは、そこに居た最も大きなアメリカ人は、実はこれまた日本の同じ道場で指導していた先生の弟さんでした。世の中狭いものです。


翌日は友人が普段通っている道場に伺いました。

こちらの道場は会員さんが多いこともあり、施設は整っていて有段者の数も多かったです。つたない英語を介しての稽古でしたが、とても勉強になりました。流派が違いますので少し形は違いますが、求めるべきところは同じです。前半は合気道、後半は杖道でした。

そして、稽古後は友人と今日やった技の復習を兼ねて久しぶりに稽古。懐かしい学生時代を思い出しました。そんな私たちをじっと見つめる男性が。稽古中、私のちょっとしたアドバイスにとても感動してくれたあるアメリカ人でした。で、彼を交えて稽古をすることに。

普段、先生はあまり細かいことは指導されず、盗み見て技を覚えろという感じの稽古なので、私がうちの流派でやるように細かく説明しながら教えていくと、Amazing!とかWow!など無邪気に喜んでくれて、(お世辞でも)NYに住んで教えてくれないか?と言われたときは素直に嬉しかったですね。結局、3人での居残り稽古は2時間ほど続き、自分の英語の未熟さを痛感したものの、実りある稽古でした。


NYで稽古してみた感想は、まず自分の英語力の無さを痛感しました。確かに言葉が無くても身体で伝えることはできますが、心の動きを伝えるには言葉は不可欠です。英語を勉強しないと。

次に、日本から遠く離れたところで、皆さん稽古環境がよくなくても一生懸命に稽古されているなと思いました。日本の、しかも環境としては恵まれた東京に居ながら、のうのうと稽古している自分にとっては身が引き締まる思いでした。

幸いにして、想像していたような挑戦的な人は居なかったので、ある意味自分の実力を試す機会はありませんでしたが、普段自分より大きな相手と組むことが少ない自分にとってはいい勉強になりました。

そんなこんなで、社会的にはとても不安定な時期のNYの道場訪問でしたが、機会があればまた行きたいなと思わせてくれた、楽しい体験でした。



タイトル (Title)

2001.09.18.

このサイトのタイトルを付けるにあたって、だいぶ悩みました。(笑)

このサイトのコンテンツのイメージは前からあったのですが、それに相応するタイトルがなかなか決まりませんでした。結局、"Just Do It!" に決めたわけですが、元ネタは皆さん御存じのとおり、NIKEのキャッチコピーです。”Just Do It”とは、「つべこべ言わずに、やってみろ」というような感じでしょうか。NIKECMでは、「使ってみてごらん」的な意味だったのでしょうか。

で、私のサイトですが、このタイトルを選んだのは、”Just Do It”の意味の中の、「何でもいいからまずトライしてみろ」というニュアンスが欲しかったのです。感じるままに、やりたいときにやる、チャンスが来たときにやってみる、という意味合いを持たせました。このサイト自体もあまり体裁を繕わずに、ある程度のところで見切り発車してしまったところがあります。でも、私にとってはタイミングが重要だったのです。

ということで、このサイトが、何かのヒントになるような有益な情報を皆さんに提供することができたら、幸いです。

あとは、”Just Do It!”です。